2009年3月22日日曜日

赤ちゃんとママ4月号


のイラストです。今年度も引き続き描かせて頂くことになりました。わーい。よろしく。
注射。結構うちの子たちは事前に言い聞かせれば泣かないタイプ。でも、イチがまだタイくらいの頃、突然血液を取ると言われて、私が「こどもにお話しします!」と言っているのに、看護婦さんたちはイチをタオルで巻寿司のようにぐるぐる巻きにして強行で注射しようとした。
でも、イチの大暴れの抵抗に看護婦さんたちはかなわず、結局私が抱っこしてなだめて言い聞かせると、「うん、わかった。」と言って、腕を素直に差し出した。看護婦さんたちは、急に「なんておりこうさんなの〜」と褒めちぎっていたが、その時の私の心境は、「今更遅いんじゃ!言わんこっちゃない。ざまみろ!(怒)」という感じでした。
病院の対応には頭に来ることが多いが、たまに優しい言葉をかけてくれる看護婦さんや先生がいると、涙出ます。子供が弱っている時は、親も弱っているからね。

2 件のコメント:

リエ さんのコメント...

わぁ〜、かわいいイラスト!

病院に行く時って弱ってる時だから、優しくして
ほしいですよね。
大人になっても優しくしてくれる先生や看護士さんには
ジーンてしちゃいます☆

majollyne さんのコメント...

リエさん、コメントありがとうございます。そう、でも実際は忙しさのあまり冷たくあしらわれることが多いです。特に救急外来!